• ホーム
  • どれほど早漏ならダポキセチンを使うべき?

どれほど早漏ならダポキセチンを使うべき?

薬を飲んでいる男性

早漏の定義としては、性行為の際に1分以内の射精、自分でまったくコントロールをすることができない、早いことで性行為をするときに苦痛になるとあります。
それに該当する男性がタダポックスなどのダポキセチン配合の医薬品を使うと考えるのが通例ですが、早漏にはいろんな考え方もできます。
たとえばパートナーが射精が早いことで満足できない、もしくはパートナーを満足させたいけれどコントロールできないとなれば、個人的な感覚によって早漏と定義されてしまうことにもなるでしょう。
自分で早漏に対して悩みがあるのであれば、検討すると良いでしょう。
このダポキセチンは副作用が少ない医薬品として知られていますが、まれに出ることもありますので、必ず医師の管理下で服用するのが正しい医薬品です。
薬局も扱っていませんし、日本ではクリニックでしか処方を受けることができません。
ただし個人輸入を通せば手に入る医薬品です。
たとえ副作用がでる確率が少ないとしても、リスクが伴いますので、最初の服用は個人輸入を避けるようにした方が賢明と言えます。
ダポキセチンは脳内で働きかけて、射精をコントロールします。
興奮したときに分泌が多くなるノルアドレナリンの影響を受けて射精運動が起きますが、それを抑えるにはセロトニンが必要です。
その量を増やすことがダポキセチンの効果になり、効率よく射精をコントロールできるようになるでしょう。
個人差はありますが3倍から5倍の効果があり、また持続性は6時間ほどありますので、1度の性行為で楽しむには十分の効果があります。
悩んでいても解決しませんし、改善するのも時間がかかります。
服用しながら改善に取り組む方法もありますので、よく検討してみると良いでしょう。

関連記事
アーカイブ
人気記事一覧